カタリスト

これまでの業務で学んだことの備忘録

1を聞いて10を知るような人になるためにできること

一般的にベンチャーと呼ばれる企業に10年ほど勤めてみて仕事ができる人の特徴はだいたい一緒だなと思ってきました。

大事なのが

1.頭の良さ
2.行動力
3.専門スキル

の3つ。

この3つ全てが高パフォーマンスな人が活躍している。
会社を辞めた後に転職先でさらに活躍する人を見ても上記3つを兼ね備えてた。

どれも後天的に伸ばしていくことができるものだと思う。
その中で「頭の良さ」が一番伸ばしにくい分野かもしれない。

理由としては、基本的にみんな自分は「頭が悪い」とは思ってないので、意識的に改善しようと努力しない。
あとは他人と比較しにくい。

「頭の良さ」だとちょっと曖昧な定義なのでいいかえると「思考力(回数)」が近い気がする。

いわゆる「気がきく人」や「1を聞いて10を知るような人」は、頭の中で思考(施行錯誤・シミュレーション)を何度もしている。
相手がこうしたらこうやろうと自然に考えているため、実際の行動が早い。

プロスポーツ選手のイメージトレーニングに近い。

思考力がない人は、相手のアクションを見てから考えるので、反応が遅くなる。
そして思考時間が短いので適切な判断ができていない場合も多くなる。
リアクション思考になっている。

思考力は経験を積めば積むほど向上する。

僕は入社して間のないころに先輩に「選択肢は常に3つ以上考えろ」と言われてきた。
これがベストだと最初に思いついたプラン以外にもあと2つプランを考えて検討してからプランを確定する癖がついた。
意外と最初に考えたプランがベストではないことも多い。

つまり思考する回数を意識的に増やせという意図だと思う。
意識していないときよりも経験値が3倍違う。

考えるクセをつけて思考力を上げて仕事することはとても大事だと思う。
目に見えないし測りにくいので「思考力」は、なかなか気づきにくい他人との差な気がする。

Webサイト改善の基本のきほん

Webサイト改善の主なチェック項目

※サイトによってはもう少し詳細に違う項目も確認する。

  1. サイトの目的の確認
  2. KPIの設定
  3. キーワードの確認
  4. コンテンツ内容の確認
  5. 流入経路の確認


サイトの目的確認

これが定まってないと施策の方針が決まらない。

お問い合わせを増やしたいという目的としても商材によっては電話でのお問い合わせが多いものやいきなりお問い合わせはし難い商材などある。
最終的なゴールをきちんと決めて、それに合わせたサイトのゴールを設定する。

よくあるゴールとしては
・直接的なお問い合わせ(予約や購入、電話など)を増やしたい
・リード先(営業先)を増やしたい
・無駄な電話を減らしたい
・求人を増やしたい
・患者の知識を増やしたい(病院とかだとよくある。事前に知識を入れてもらうことで説明がスムーズになる)
・自分に合ったお客・患者を増やしたい

などがあるので、各目的に合わせてサイトのゴールを設定する。

注意点としてはSEOで1位にするというゴールは設定しない。
理由としてはSEOは相対的な評価で相手がいるため、自分たちだけの施策の効果がわかりにくい。
KPIの一つの指標にするのは良いとは思うが最終的なゴール設定にするのはよくない。

 


KPIの設定

ゴールが決まったらKPIを設定してお客様と共通認識を持つ。
数字としてわかりやすいKPIを設定することが大事。

曖昧なKPIにすると施策途中で方針がぶれてしまい結果に結び付きにくい。

KPIが達成しているのにお客様から「なんかデザインがぱっとしないんだよね」みたいなこと言われデザイン修正したらKPIが達成できなくなったりする。
お客様のサイトだけど、使うのはお客様ではないのでお客様の主観で判断するのはよくない(※ブランディング系のサイトは例外)。

お互いの主観で話すのではなく、KPIを見ながら共通の目的を見ながら意見を交換するとよい打ち合わせになりやすい。

誰が見ても判断できるように数字でわかりやすいKPI設定をする。
例)月間のお問い合わせ件数●件とか。●○ページの滞在時間を■分以上にする。××ページの直帰率を■まで下げる。などなど。

 


キーワードの確認

ゴールとKPIの達成のために必要なキーワード設定をする。

たまに「●○」みたいなキーワード設定していることがあるが、相当ニッチなワードではない限り1単語で上位にもっていくのは難しい。
不可能ではないが時間がかかる。

また1単語のキーワードで流入してくるユーザーのコンバージョン率(お問い合わせなどゴールに結びつく率)が低い。

たとえば「リフォーム」の検索で1位になったとした場合

お客様の事務所が横浜にあった場合、関東近辺以外のユーザーからのお問い合わせはほぼない。
もし連絡が来たとしても商圏ではないのでお断りすることになる(この対応の時間が無駄になる)。

おそらく「リフォーム」で1位だと相当なセッション数(見に来る人の数)が稼げるので、良いサイトだと判断するかもしれない。

大事なことは必要なユーザーに見つけてもらうこと。
範囲が大きめなキーワードで設定しておけばOKではない。
必要なユーザーに届くような比較的ニッチなキーワードを見つけて設定することが大事になる。

例えば成約がゴールとした場合

100件のお問い合わせで成約0件

1件のお問い合わせで成約1件

成約が目的であれば大事なのは成約件数であって、お問い合わせ件数ではない。

 


コンテンツ内容の精査

サイトのゴール、KPI、キーワードが決まればあとはサイトがそれにあったものになっているかを確認&改善をする。

離脱率の高いページを改善
直帰率の高いページを改善
滞在時間の短すぎるページの改善
ユーザーフローの改善
お問い合わせページの離脱率改善

適切なナビゲーションの配置・ラベリング
コピーの訴求力の確認
情報(文章・写真・図)の独自性の確認

 


流入経路の確認

内容の良いサイトでも見てもらえなければ意味がない。
キーワード設定を適切にしてSEO対策をしたとしてもニッチすぎて流入数が少なすぎる場合がある。
コンバージョン率は高いけど、流入数が少なくてコンバージョン数が目標に至らない場合もある。

流入数が少ないのでキーワードを変えてコンバージョン率が下がり結果としてコンバージョン数は変わらないなんてこともある。
こういった場合はSEO対策(オーガニック検索での流入)だけだと難しい。

オーガニック検索以外の流入対策を実施するべき。

例として
リスティング広告
・他のサイトへの掲載(外部リンク増)
・ポスティング
・駅や路上の看板
・地域のフリーペーパー掲載
・テレビCM
・ラジオCM
などなどがある。

サイトの改善だからWeb上だけで施策する必要はない。
よいユーザーの流入数を増やすためにオフラインでの施策も色々とある。
それに合わせたWebサイトの改修をすることで目標達成に近づくことができる。

 

 

サイトによって施策は様々だけど、大まかな流れとしては

  1. サイトの目的の確認
  2. KPIの設定
  3. キーワードの確認
  4. コンテンツ内容の確認
  5. 流入経路の確認

を実施している。
これが上手くできているお客様には満足していただけている。

上司に判断を仰ぐ時は自分で判断した結果がOKかNGかを質問したほうがいいよって話

トラブルなど何かあったときに
状況を説明してどうしますか?と質問してくる人と
状況を説明してこう行動しようと思ってます。いいですかと許可を求めてくる人がいる。

オープンクエスチョンかクローズドクエスチョンかの違い。

だいたい仕事ができるようになる人、昇進していく人は後者(クローズドクエスチョン)が多い。

 

f:id:katalistdaa:20170808142834j:plain

図で書くと①の段階で質問するのか②の段階で質問するのかの違い。


管理職の仕事の一つに「決断」があると思ってます。
決断するには状況を確認して判断しないといけない。
その判断力が大事になってくる。

判断力は鍛えればどうにかなるものだと思う。
ただ上司になってからでは遅い。


上司になってから鍛えるのではなく部下の時期に鍛えればよいと思う。


そのためにも上司に判断仰ぐ時はクローズドクエスチョンでYesかNoかの回答をもらうとよいと思う。
Yesだったら判断合っているということだし、Noだったら間違ってるので、間違ってる理由を教えてもらえばいい。
教えてもらわなくてもだいたいこういう理由でNG。こうしようって言われるし。
そうやって判断の経験を積むことが大事。

あとは上司も判断するのに時間をかけずに済むので助かる。

 

自分の質問がオープンクエスチョンかクローズドクエスチョンかを意識するだけでもだいぶ報連相の精度が上がる。

 

コーディング勉強するならこれ読めばとりあえずOKなリスト

制作初心者(素人)を採用して最初に教えるのがコーディング。

コーディングで一番品質高いなぁと思った会社さんはこちら。

html-coding.co.jp

 

仕事も何回かしたことありますが、対応も良いです。親切丁寧。

 

コーディングについて分かりやすくまとめてくれているので新人にはとりあえずこれ読んで理解してくださいと伝えてる。

そのリストが以下。

 

 

①コーディングの意味・基礎知識


■HTMLコーダーの「仕事」と「義務」
https://html-coding.co.jp/knowhow/about_coder/000001/

■綺麗なコードの書き方
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000012/

■スタイルプロパティの記述順番ガイドライン
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000008/

■今さら人に聞けない「idとclassの使い分け」
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000300/

■新人コーダーに知っておいて欲しい命名規則の考え方[画像・ID・class名]
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/naming-rule/

CSSの優先順位について
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000227/

■スタイルの優先順位のまとめ ~あなたはスタイルの優先順位について理解できてますか?~
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000041/

■[HTML]今さら人に聞けない「左・右・中央寄せが出来ない時の対処法」
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000304/

■dt要素やdd要素を横並びにする
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000225/

■ブラウザスタイルの初期化
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000268/

CSSハック これだけ覚えておけば大丈夫
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000010/

■コーディングスピードを上げるためにやっていることまとめ
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000013/

■clearfixを使ってハッピーなコーディングライフを
https://html-coding.co.jp/knowhow/tips/000017/

 

②タグの意味を詳しく覚える<HTML編>
これだけ覚えればOKってわけではないので、業務しながら少しずつ覚える範囲を増やしていきましょう。
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/

↑ここから優先度の高いページをピックアップしました。


■<h1>~<h6>
文書中の見出しを設定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/hx/

■<p>
段落の指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/p/

■<body>
ユーザに見せる(ブラウザに表示される)内容の指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/body/

■<!-- -->
HTMLソースの中のコメント(注釈)
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/html-comment/

■<title>
文書にタイトルをつける
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/title/

■<meta>
文書のメタ情報(文書の内容ではなく文書自体についての様々な情報)を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/meta/

■<head>
文書自体の設定情報(普通画面上に表示されないもの)の指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/head/

■<html>
HTMLの文書全体を表す
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/html/

■<!DOCTYPE>
HTMLをブラウザにどう解釈させるかの指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/doctype/

■<ul>
順序(通し番号)なしの箇条書きリスト
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/ul/

■<li>
<ul>や<ol>の箇条書きリストの項目を表す
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/li/

■<dl>
定義リスト(用語と説明をセットで並べたリスト)
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/dl/

■<dt>
定義リスト(用語と説明をセットで並べたリスト)の定義用語部分
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/dt/

■<dd>
定義リスト(用語と説明をセットで並べたリスト)の説明部分
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/dd/

■<table>
表(テーブル)を作成
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/table/

■<tr>
表(テーブル)の行を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/tr/

■<th>
表(テーブル)の見出し部分
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/th/

■<td>
表(テーブル)のセル内容
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/td/

■<a>
アンカー(リンクの出発点/到達点)の設
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/a/

■<div>
内容のグループ化
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/div/

■<span>
インライン要素をグループ化
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/span/

■<iframe>
インラインフレーム(個別にスクロールなどができるページ内の独立した領域)を作成
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/html/iframe/

 

 

③タグの意味を詳しく覚える<CSS編>
これだけ覚えればOKってわけではないので、業務しながら少しずつ覚える範囲を増やしていきましょう。
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/

↑ここから優先度の高いページをピックアップしました。


■text-align
テキストの水平方向への配置を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/text-align/

■text-decoration
テキストの装飾を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/text-decoration/

■text-indent
インデント(字下げ)の指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/text-indent/

■vertical-align
行中のテキストや画像などの内容の、上下方向の揃え位置を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/vertical-align/

■list-style
リストのスタイルを一括で指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/list-style/

■height
要素の高さを指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/height/

■width
領域の幅を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/width/

■max-height
高さの最大値を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/max-height/

■max-width
幅の最大値を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/max-width/

■min-height
高さの最小値
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/min-height/

■min-width
幅の最小値を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/min-width/

■margin
上下左右のマージンを一括で指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/margin/

■padding
上下左右のパディングをまとめて指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/padding/

■float
フロート(後続する内容の回り込み)を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/float/

■display
要素の表示形式を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/display/

■clear
floatで設定した回り込み設定を解除
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/clear/

■visibility
表示/非表示の切り替え
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/visibility/

■z-index
ボックスの重なり順序を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/z-index/

■background
背景の指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/background/

■font-weight
フォントの太さを指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/font-weight/

■font-style
フォントスタイルを指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/font-style/

■font-size
フォントサイズを指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/font-size/

■font-family
フォントファミリーを指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/font-family/

■font
フォントのスタイルや太さ、サイズなどをまとめて指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/font-2/

■color
テキストの色を指定
https://html-coding.co.jp/annex/dictionary/css/color/

Webデザイナー、Webディレクター、Webマーケッターの面接のコツ

前にまとめたWebデザイナー、Webディレクター、Webマーケッターの面接でNGな質問を見た人に、それならOKなことって何ですか?って言われたので、今回は個人的に好印象なことをまとめてみる。

 

履歴書の文字が丁寧

字がキレイとかではなくて丁寧に文字が書かれているかがポイント。相手にどう思われるかを意識するのが大事な仕事なので、履歴書が丁寧に書かれていると相手を思いやることができそうなので印象がよい。

逆に枠からはみ出していたり、枠に無理やり文字を収めるようにバランス悪く書いてあるのはNG。たまにいるのが下書きの鉛筆が消えてない人。そういう人は仕事もだいたい雑。

 

履歴書の志望動機が会社ごとにオリジナル

志望動機の欄がほかの会社には使えなさそうな、その会社限定の文章で書いてあるとよいと思う。企業研究しっかりしてきて「この会社に入りたい」という意思を感じる。

テンプレのどこの会社でも合いそうな文章を見ると、この人はこの業界(業種)に興味があるだけで、うちじゃなくてもいいんだろなと思う。

 

ポートフォリオがある(Webデザイナー限定)

制作物みないで制作者のスキルを判断するのはほぼ不可能。ポートフォリオはできれば事前に確認できるようにWeb上で見えるようにしておくとベスト。ただ送っても見てない場合もあるので、印刷したものも用意して、面接時に見てもらう。その際にポートフォリオの説明もできるとさらに良い。こういう意図で制作しましたーみたいな説明できる人は好印象。ちゃんと考えながらデザインできるんだなぁと思う。(※デザインはセンスではなくロジックが大事)

 

自己PRが1分から3分くらいで話せる。

面接は自分をアピールする場。自己PRはとても大事。

  • 今後のビジョン(経歴)
  • 転職理由
  • 強み(弱み)
  • 志望動機

を簡単にまとめて話せるとよい。

これまで○○や××の仕事をして△△などを経験してきました。★★などはとてもやりがいのある仕事で充実感もありました。さらに☆☆のスキルをつけて●●に貢献していけるようになりたいと思い始めました。
今後のキャリアパスを考えた際に☆☆などのスキルや経験をつんでいく必要があると思い上司や先輩に相談しましたが、今の(以前の)職場では☆☆の経験を積む機会がなかったためで転職活動を始めました。
御社は▼▲などの実績も多く、これまでの経験を活かせるだけでなく自分のスキルアップにつながると思い応募させていただきました。

こんな感じ。

 

質問をいくつか用意してある

最後に質問時間を設けてある場合が多いと思うので、その際にすぐに質問できるように事前い2、3個用意しておくとよいと思う。これから働く会社なら興味がわいてるはずなので質問の1つ、2つくらいはできるはず。

質問の例
  • 御社で仕事をしていく上で大事なことはどういったことですか?
  • 現在の募集ではどういった人材を求めていますか?
  • 御社で活躍するために重要なことはなんですか?
  • もし入社させていただける場合、それまでやっておくべきことがあれば教えてください。
  • この業界で活躍するために一番大事なことはなんですか
  • 入社できた場合はどういったお仕事最初に任せていただけますか

 

補足

転職って面接する側と面接受ける側どちらが偉いってことはなく対等の立場だと思う。自分を活かせる場所に転職しないのであれば転職する意味がない。転職する側としては雇ってもらうという心持ではなく、勤めてやるくらいの心持がよいかもしれない。変に下手に出る必要ない。

 

 

katalist.hatenablog.com

 

SEO対策の基本のきほん

検索順位が上がりません。って言われたら対応すること。

 

ターゲットキーワードの確定

キーワード候補選び

お客様が求めてるキーワードがベストとは限らないため、どういうユーザーを集めればいいのか考え、そのためのいい感じのキーワードを探します。質のよいユーザーを集めるために重要な作業。順位を上げることが目的ではなく、順位上昇はあくまでCVまでの通過点。

潜在層用のキーワードと顕在層用のキーワード両方考える。

考えたキーワードの検索ボリュームをGoogleとYahooのキーワードアドバイスツールで調べる。あまりに少ないのは対象外にする。

 

競合調査

ターゲットキーワードの競合調査をします。SEO相対評価なので競合があまりに強いキーワードに挑むと時間がかかるため、費用と時間のバランスも考えます。

短期的に上げるキーワードと長期的に追っていくキーワードを見極めます。

 

サイト修正

キーワードの含有率、h1の記述、コンテンツの量、適切な内部リンク、titleタグ、meta keyword、Descriptionの設定を確認していきます。

 

titleタグ

年々、指定文字数が減少してきてシンプルになってきている。検索結果に全て表示させるために30文字以内にする。そしてクリックしてもらいやすいように訴求力のある文章にすることも大事です。

対策キーワードを含める

シンプルに30文字以内にする

全てのページでユニークの文章にする(同一の文章は使わない)

 

h1タグ

見出しタグにあたるh1タグは各ページの見出しとして主要なキーワードを強調しておく必要があります。キーワードを必ず含め、各ページの概要文になるようにしておきます。またソース上上部にくるように設定し、各ページに1回の使用にしておきます。

 

コンテンツ量

ページ内に検索エンジンが読めるテキストが少ないと評価を得られません。できるだけページの上部と下部に文章をいれるように構成します。その際にキーワードは自然に含まれるような文章を心がけます。できるだけ上部にテキストを入れてファーストビューに文章が表示するようにします。

 

キーワード含有率

昔は文章の品質関係なくキーワードが多く含まれるページの評価が高かったですが、今は文章の品質も判定されています。自然にキーワードが入るオリジナルの文章であることが大事です。

他のサイトからコピペで文章もってきて、言い方だけ微妙に変更したりすると評価が下がる場合可能性があるので絶対にしません。

 

適切な内部リンク

関連ページへのリンクの設置やパンくずリストの設置をすることで内部リンクをふやしておきます。リンクを循環してもらうことでサイトをよくみてもらいやすくなり評価アップにつながりやすくなります。

その際にパンくずリストの表記でよくあるパターンが

TOPページ > 各ページタイトル 

みたいな表記です。

これよりも

キーワードの○○サイトのトップページ > 各ページタイトル

の表記のほうが望ましいです。キーワードも自然に入るし。

フッターリンクがないサイトには必ずフッターリンクを追加します。

 

クロール、インデックス

キーワード設定とサイト修正が完了したら、Googleにクロール、インデックスしてもらうようにsitemap.xmlを作成したり、サーチコンソールで登録作業などしていきます。

そこらへんはまた別途まとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Webデザイナー、Webディレクター、Webマーケッターの面接でNGな質問

これまでWeb制作者、ディレクター、マーケッターの採用のために何人も面接してきた。100人以上は面接してきた。面接の最後には必ず「何か質問ありますか?」と尋ねている。その中で不採用にする人に多い質問をまとめた。※この質問したから不採用にするというわけではなく、不採用だなぁと思いつつも、最後の質問したらこんな質問多かったなってリスト。

 

残業はどれくらいですか?

今、勤めてる会社は自由裁量の傾向が強いので、残業する人はするし、しない人はしない。仕事のやり方は自分でどうにかするしかないので、いつも「人によります。スケジューリングが下手な人は残業が多いですね」と回答してる。

これから新しい環境で働こうと言う人がいきなり残業を気にするモチベーションってどうなのよ?やる気あるの?って思う。

実際に採用してみると業務効率悪くて無駄な残業を多くし残業代をどうにか稼ごうとする成果でなくて時間で評価してもらいたい人が多かった。

 

男女比はどれくらいですか?(男性の場合)

それ聞いてどうすんの?って思った。男女比関係なくしっかり働いてくれよ。そういうところを気にする人って業務でもどうでもいいところにこだわり出したりして管理が面倒なので採用してない。

女性が男ばかりのところに勤めるのが不安と思って聞く分には、まだ理解できる。

 

特にありません

これから勤めようと思ってるところなんだから、もう少し興味持ってよ。って思う。こういう人は受け身なので指示待ち人間になりがち。いちいち指示しないといけなくて管理コストがかかるので単純作業要員でない限りは採用しない。

Web業界は情報が常に新しくなるので、新しいことに興味もってチャレンジしていく人でないと活躍しにくい。そういった意味でも受け身傾向な人は採用しにくい。

 

 

katalist.hatenablog.com