カタリスト

これまでの業務で学んだことの備忘録

上司に判断を仰ぐ時は自分で判断した結果がOKかNGかを質問したほうがいいよって話

トラブルなど何かあったときに
状況を説明してどうしますか?と質問してくる人と
状況を説明してこう行動しようと思ってます。いいですかと許可を求めてくる人がいる。

オープンクエスチョンかクローズドクエスチョンかの違い。

だいたい仕事ができるようになる人、昇進していく人は後者(クローズドクエスチョン)が多い。

 

f:id:katalistdaa:20170808142834j:plain

図で書くと①の段階で質問するのか②の段階で質問するのかの違い。


管理職の仕事の一つに「決断」があると思ってます。
決断するには状況を確認して判断しないといけない。
その判断力が大事になってくる。

判断力は鍛えればどうにかなるものだと思う。
ただ上司になってからでは遅い。


上司になってから鍛えるのではなく部下の時期に鍛えればよいと思う。


そのためにも上司に判断仰ぐ時はクローズドクエスチョンでYesかNoかの回答をもらうとよいと思う。
Yesだったら判断合っているということだし、Noだったら間違ってるので、間違ってる理由を教えてもらえばいい。
教えてもらわなくてもだいたいこういう理由でNG。こうしようって言われるし。
そうやって判断の経験を積むことが大事。

あとは上司も判断するのに時間をかけずに済むので助かる。

 

自分の質問がオープンクエスチョンかクローズドクエスチョンかを意識するだけでもだいぶ報連相の精度が上がる。