カタリスト

これまでの業務で学んだことの備忘録

Webサイト改善の基本のきほん

Webサイト改善の主なチェック項目

※サイトによってはもう少し詳細に違う項目も確認する。

  1. サイトの目的の確認
  2. KPIの設定
  3. キーワードの確認
  4. コンテンツ内容の確認
  5. 流入経路の確認


サイトの目的確認

これが定まってないと施策の方針が決まらない。

お問い合わせを増やしたいという目的としても商材によっては電話でのお問い合わせが多いものやいきなりお問い合わせはし難い商材などある。
最終的なゴールをきちんと決めて、それに合わせたサイトのゴールを設定する。

よくあるゴールとしては
・直接的なお問い合わせ(予約や購入、電話など)を増やしたい
・リード先(営業先)を増やしたい
・無駄な電話を減らしたい
・求人を増やしたい
・患者の知識を増やしたい(病院とかだとよくある。事前に知識を入れてもらうことで説明がスムーズになる)
・自分に合ったお客・患者を増やしたい

などがあるので、各目的に合わせてサイトのゴールを設定する。

注意点としてはSEOで1位にするというゴールは設定しない。
理由としてはSEOは相対的な評価で相手がいるため、自分たちだけの施策の効果がわかりにくい。
KPIの一つの指標にするのは良いとは思うが最終的なゴール設定にするのはよくない。

 


KPIの設定

ゴールが決まったらKPIを設定してお客様と共通認識を持つ。
数字としてわかりやすいKPIを設定することが大事。

曖昧なKPIにすると施策途中で方針がぶれてしまい結果に結び付きにくい。

KPIが達成しているのにお客様から「なんかデザインがぱっとしないんだよね」みたいなこと言われデザイン修正したらKPIが達成できなくなったりする。
お客様のサイトだけど、使うのはお客様ではないのでお客様の主観で判断するのはよくない(※ブランディング系のサイトは例外)。

お互いの主観で話すのではなく、KPIを見ながら共通の目的を見ながら意見を交換するとよい打ち合わせになりやすい。

誰が見ても判断できるように数字でわかりやすいKPI設定をする。
例)月間のお問い合わせ件数●件とか。●○ページの滞在時間を■分以上にする。××ページの直帰率を■まで下げる。などなど。

 


キーワードの確認

ゴールとKPIの達成のために必要なキーワード設定をする。

たまに「●○」みたいなキーワード設定していることがあるが、相当ニッチなワードではない限り1単語で上位にもっていくのは難しい。
不可能ではないが時間がかかる。

また1単語のキーワードで流入してくるユーザーのコンバージョン率(お問い合わせなどゴールに結びつく率)が低い。

たとえば「リフォーム」の検索で1位になったとした場合

お客様の事務所が横浜にあった場合、関東近辺以外のユーザーからのお問い合わせはほぼない。
もし連絡が来たとしても商圏ではないのでお断りすることになる(この対応の時間が無駄になる)。

おそらく「リフォーム」で1位だと相当なセッション数(見に来る人の数)が稼げるので、良いサイトだと判断するかもしれない。

大事なことは必要なユーザーに見つけてもらうこと。
範囲が大きめなキーワードで設定しておけばOKではない。
必要なユーザーに届くような比較的ニッチなキーワードを見つけて設定することが大事になる。

例えば成約がゴールとした場合

100件のお問い合わせで成約0件

1件のお問い合わせで成約1件

成約が目的であれば大事なのは成約件数であって、お問い合わせ件数ではない。

 


コンテンツ内容の精査

サイトのゴール、KPI、キーワードが決まればあとはサイトがそれにあったものになっているかを確認&改善をする。

離脱率の高いページを改善
直帰率の高いページを改善
滞在時間の短すぎるページの改善
ユーザーフローの改善
お問い合わせページの離脱率改善

適切なナビゲーションの配置・ラベリング
コピーの訴求力の確認
情報(文章・写真・図)の独自性の確認

 


流入経路の確認

内容の良いサイトでも見てもらえなければ意味がない。
キーワード設定を適切にしてSEO対策をしたとしてもニッチすぎて流入数が少なすぎる場合がある。
コンバージョン率は高いけど、流入数が少なくてコンバージョン数が目標に至らない場合もある。

流入数が少ないのでキーワードを変えてコンバージョン率が下がり結果としてコンバージョン数は変わらないなんてこともある。
こういった場合はSEO対策(オーガニック検索での流入)だけだと難しい。

オーガニック検索以外の流入対策を実施するべき。

例として
リスティング広告
・他のサイトへの掲載(外部リンク増)
・ポスティング
・駅や路上の看板
・地域のフリーペーパー掲載
・テレビCM
・ラジオCM
などなどがある。

サイトの改善だからWeb上だけで施策する必要はない。
よいユーザーの流入数を増やすためにオフラインでの施策も色々とある。
それに合わせたWebサイトの改修をすることで目標達成に近づくことができる。

 

 

サイトによって施策は様々だけど、大まかな流れとしては

  1. サイトの目的の確認
  2. KPIの設定
  3. キーワードの確認
  4. コンテンツ内容の確認
  5. 流入経路の確認

を実施している。
これが上手くできているお客様には満足していただけている。