カタリスト

これまでの業務で学んだことの備忘録

1を聞いて10を知るような人になるためにできること

一般的にベンチャーと呼ばれる企業に10年ほど勤めてみて仕事ができる人の特徴はだいたい一緒だなと思ってきました。

大事なのが

1.頭の良さ
2.行動力
3.専門スキル

の3つ。

この3つ全てが高パフォーマンスな人が活躍している。
会社を辞めた後に転職先でさらに活躍する人を見ても上記3つを兼ね備えてた。

どれも後天的に伸ばしていくことができるものだと思う。
その中で「頭の良さ」が一番伸ばしにくい分野かもしれない。

理由としては、基本的にみんな自分は「頭が悪い」とは思ってないので、意識的に改善しようと努力しない。
あとは他人と比較しにくい。

「頭の良さ」だとちょっと曖昧な定義なのでいいかえると「思考力(回数)」が近い気がする。

いわゆる「気がきく人」や「1を聞いて10を知るような人」は、頭の中で思考(施行錯誤・シミュレーション)を何度もしている。
相手がこうしたらこうやろうと自然に考えているため、実際の行動が早い。

プロスポーツ選手のイメージトレーニングに近い。

思考力がない人は、相手のアクションを見てから考えるので、反応が遅くなる。
そして思考時間が短いので適切な判断ができていない場合も多くなる。
リアクション思考になっている。

思考力は経験を積めば積むほど向上する。

僕は入社して間のないころに先輩に「選択肢は常に3つ以上考えろ」と言われてきた。
これがベストだと最初に思いついたプラン以外にもあと2つプランを考えて検討してからプランを確定する癖がついた。
意外と最初に考えたプランがベストではないことも多い。

つまり思考する回数を意識的に増やせという意図だと思う。
意識していないときよりも経験値が3倍違う。

考えるクセをつけて思考力を上げて仕事することはとても大事だと思う。
目に見えないし測りにくいので「思考力」は、なかなか気づきにくい他人との差な気がする。